公共交通機関の使えない時間帯。厳しい求人に適した媒体とは?

例えば運送業の求人。

私の父は、一時期運送業にドライバーとして携わっていました。

先日、運送業のドライバーに転職する際どんな求人情報を利用したのかを聞いてみると、ハローワークの求人とのことでした。

転職や求人情報を探す際、現在ではWebメディアで探すのが一般的です。
しかし、運送業の場合はWebの求人もありますが、紙媒体、それもタウン誌や新聞折込、または口コミや事務所の張り紙が多いのではないか?とある人からうかがったことがあります。
なぜそのような求人形態が一般的なのでしょうか?

今回は、弊社で担当しました新聞配送、つまり印刷工場から新聞販売店に届けるトラック運転手の募集を例に取り、検証してみましょう。

時間が不規則ゆえの理由

印刷工場から新聞販売店に届けるトラックのドライバーは、場所にもよりますが出勤時に電車・バスなどの公共交通機関が走る時間ではありません。

ということは、遠方から電車通勤することができないのです。
もうこれだけで条件が絞られてきます。

そう。
徒歩や自転車など、自分の足で通える範囲の人だけが対象となるのです。
もちろん、自動車通勤可の場合はもう少し範囲も広がるでしょうが、それでも電車に匹敵するような範囲には広げられません。

朝が早いということは・・・?

新聞配送の場合、朝というよりも深夜に活動することになります。
あまり遠い職場だと、様々な不便や障害があり、なにより心理面で辛い、という話をされている方もいらっしゃいました。
選ぶ側も、地元で選びたい。そんなニーズがあるのかもしれません。

効率的に絞られたターゲットに広告を届ける

時間を気にせず通勤できる人材が欲しい。
時間は問わないが地元で仕事を探している。

そんな両者をつなぐ接点は何か?

考えた結果、弊社では「タウン誌での求人」という選択にたどりつきました。

新聞折込広告という選択肢もありましたが、それに目を通す人は新聞購読者が限られています。
Web媒体はより多くの人に届けることができますが、地元の人というピンポイントの希望にはたどり着きにくい、という特性を持っています。

しかし、タウン誌ならば気軽に手に取ることができ、誰でも目を通す媒体です。
しかも、目を通す人はほぼ地元の人に限られています。

その結果、求人側、求職側の双方の希望がマッチし、それに合わせた媒体に掲載することで、1回の掲載で4人の募集を得ることができました。

スピード勝負の求人広告を丁寧に対応

東京中日企業では、これまで折込広告やポスティング用のチラシ作成をはじめ、公的なポスターの作成、Webサイトのデザインなど広く広告や広報の制作に関わってまいりました。

この強みを生かし、丁寧な対応とサービスを提供する体制を整えています。
たとえば・・・

・媒体掲載と同時に募集チラシを作成できる。
・効果が高いチラシの配布範囲データを持っている。
・高い取材力を持ち、写真撮影から原稿作成、効果的な媒体の選定まで自社内で完結できる。
・各媒体のキャンペーン情報など、有益な情報をリアルタイムで把握でき、ご提案が可能。

他の広告媒体で培ったノウハウを生かし、このような対応を短期間で実現できる体制を構築しています。

求人広告の多くは急を要し、短期間のうちにマッチした人材を集めるという難しいテーマを実現しなければならない広告です。
丁寧ながらもスピード感を持ち、的確な広告を掲載までこぎつけたい。
そのような求人広告を求めているとしたら、是非いちど弊社までお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-6910-2559

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム