制作って何をする仕事?お答えします、東京中日企業制作チームです!

制作チームブログ_タイトル画像

こんにちは、メディアプロモーション事業部・制作企画編集課・制作チームのNです。
初回なので、制作チームってなにしているの?どんなチーム?というのをご紹介させて頂きたいと思います。

制作チームって?

東京新聞・中日新聞の販促品を作っているチームです。
PRハガキ、ポスター、パンフレット、クリアファイル、広告デザイン、販促企画・・・
つまりは「なんでも屋」です。

じゃあ新聞社以外の仕事はしないの?

いえいえ、そういうわけではありません。

以前は新聞社の仕事がメインではありましたが、現在はその仕事で得たノウハウを生かして、メーカーや大学の物品も制作しております。
住宅総合機器メーカーのキャリーバッグ、大学で皆が使っているIDケースなど、このような意外に身近なものに、わたしたち制作チームが関わっているのです。
たとえばいま皆さんのお手元にあるそのカードケース。
もしかしたら制作チームが作っているかもしれません。

こんなお困りごとはありませんか?

  • 「低予算なんだけど販促品が作りたいなあ」
  • 「タレントの画像を使っているから色味がすごくシビアなんだけど」
  • 「チラシが欲しい、でも納期まで数日しかない!」
  • 「やりたいことはあるけど、なにから始めたら・・・。」

制作、というとデザインしたり、販促品やノベルティグッズを作ったりというイメージを持つ方が多いと思います。
もちろんそれは間違いのない事実です。
でも、ちょっと格好いいこといいますよ、

「私たちの商品には決まった色や形はありません」

そうなんです、いつも同じようなキャンペーンをしたり、景品をばらまいたりしても、
時には効果が得られる可能性もありますが、大抵うまくはいきません。
業種やターゲット、何を届けるのかによって私たちのご提案させていただく商品は変わります。

制作の流れ

なるほど!じゃあちょっと仕事をお願いしてみようかなとなった方、
制作の流れをご説明しますよ。

  1. 打ち合わせ
  2. 見積書提出
  3. 仮デザイン
  4. デザイン
  5. 製造・印刷
  6. 納品

・・・って1~6の流れなんて当たり前だよね?と思われますよね。
そうです、どこの広告代理店(日本にはおよそ3,000社の広告代理店があるんです!)に依頼しても基本的にはこの流れに沿って制作は進んでいきます。

じゃあ東中企業の制作チームに頼むメリットって?

私たちが重点を置いているのが、1・3・4です。

「打ち合わせ・仮デザイン・デザイン」

他広告代理店ですと、お客様と打ち合わせをするのは基本的に営業かと思いますが、
私たち制作チームには営業のほかデザイナーも在籍しており、打ち合わせはデザイナー同席で行います。

営業とは、予算・納期・納品先などの打ち合わせ。
デザイナーとは、営業を通じての伝言ゲーム状態ではうまく伝わらないかもしれない細かい部分を、徹底的に掘り下げて打ち合わせ。

人にはそれぞれ得意分野がありますので、営業だけではできないこと、デザイナーだけではできないことがあります。
最良のものをお客様に届けたいという思いから、今のような形で日々業務に取り組んでおります。

さいごに

実はこのサイトに過去の制作実績を掲載しているページがあるのです。
WORKS-制作実績
制作物は随時こちらに掲載していきますので、たまに覗いてみてくださいね。

また、今後の制作チームブログでは、制作に役立つ情報や裏話を更新していくつもりです。
最初は月に一度程度の更新を目指していきますので、ぜひ次回のブログにもご期待ください!