23区随一の車社会・江戸川区での広告戦略を考える‐江戸川区の折込広告の可能性

ts039header
江戸川と中川・荒川に囲まれ、北は葛飾区・柴又の東側から南は東京湾に面し、南北に長く広がる江戸川区。

下町風情が漂う北部、JR総武線ライン。工場と高層マンション、UR住宅が立ち並ぶ都営新宿線、首都高7号線ライン。そして、水族館と大観覧車、バラの花壇が美しい葛西臨海公園をはじめ、水辺豊かな東京メトロ東西線ライン。

区の地域特性がくっきりと分かれる江戸川区、この区にはどのような特徴がみられ、どのような広告戦略が考えられるのでしょうか。

23区にはめずらしい車社会。

江戸川区は、世帯当たりの乗用車保有率が、千代田区、港区、足立、中央区に次いで5位。
千代田区、港区、中央区は業務用車両が多いことから、実質23区中ナンバー2の保有率と言えます。

区の面積が広い大田区や世田谷区よりも、江戸川区の方が世帯当たりの自動車保有台数が多い・・・。
この理由は、いったいどこにあるのでしょうか?

電車路線はすべて東西。南北経路が薄い江戸川区

江戸川区を特徴づける現象の一つに、電車路線があります。
上記で示したとおり、北からJR総武線、都営新宿線、東京メトロ東西線、そして、南端のJR京葉線も加えた4路線すべて、東西に通っています。
しかし、南北をつなぐ電車は1本もなし。
さらに、駅の数は23区一少ないことも特徴です。

この状況から、南北の公共交通機関による移動は、区内を縦横に走る都営バス、京成バス、京成タウンバスが区内のみ、という状況になっています。

人口あたりの商店、診療所数も23区内で最少レベル

しかしながら、江戸川区の人口・面積当たりの商店数は23区中22位。
特に中部~南部は商店街が少なく、大型ショッピングセンターがその役割を果たしています。
つまり、「ちょっとあそこの肉屋さんでコロッケを」というショッピングスタイルが生まれにくい街、と言えます。

さらに、人口当たりの医師数と診療所数は、23区中最下位。
2つある200床以上の大病院は、直線距離でも10km近く離れています。

買い物も病院も、自転車でちょっとそこまで、という距離にあまり無いという状況が、車依存を加速させているひとつの側面と言えるでしょう。

子供の割合も三世代同居割合も23区No.1!

江戸川区は、23区一の若さを誇る区。その要因が「子供の多さ」です。
区内人口に対する0~19歳の比率は、23区中ナンバーワン!
これは、葛飾区と似た現象です。つまり、「結婚が早く、結婚しない人が少ない」ということ。
これを裏付けるデータが、30代後半~40代前半の女性の未婚率が23区内最低、そして子供がいない夫婦も23区中最低というデータです。

一人暮らしの高齢者の割合も最低。逆に三世代同居割合は最高の割合となっています。
これらの要因から、「共働きでも子育てしやすく、お年寄りは生き生きと暮らしやすい」という状況が生まれています。

また、大家族での移動が多くなれば、自家用車の依存度も高くなります。
これも車社会の要因のひとつと考えられます。

23区随一の自動車社会に広告を投じるには?

これらの要因から、23区内でもめずらしい自動車社会の江戸川区。
車移動が前提の都市で広告を打つならば、駐車スペースや駐車料金の案内を分かりやすくする、子連れ家庭が多い地区ならば、子連れ来店の可否も明確にするなど、情報の整理が必要となってきます。

それでは、このような区で商圏を考え、広告を投じるにはどのようにしたらよいのでしょうか?
江戸川区は、特に中部、南部はオートロックのマンションも多く、こういった家庭への広告は新聞折り込み広告が有効です。
商圏または沿線での認知度が低いなどを含め、ターゲットユーザーへのアピールやタッチポイントの脆弱さに悩まれている経営者のみなさま、まずは一度新聞折込広告を検討されてみてはいかがでしょうか。

東京中日企業では、首都圏の地域紙・東京新聞のグループ会社である強みをいかして、江戸川区の新聞販売店と協力体制を取りながら的確な販促をご用意しております。
新聞折込広告を始め、江戸川区で各種販促をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-6910-2559

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

test エディター:津倉 深根雄
Web業界(主にEC業界)に十数年身を置いていた、モータースポーツ大好きなフリーライター。
夫婦でシクロツーリスト(自転車旅人間)。新婚旅行は本州~九州縦断の自転車旅。
この時、「人の心を動かすのは、サービス内容や集団ではなく、人のキャラクターとの触れ合い」なことを悟る。