2つの谷間の街を練り歩く-井の頭線沿線・久我山~浜田山散策

杉並区商圏分析シリーズ散策編の2回目は、森と緑の住宅街をはしる京王井の頭線沿いを散策します。

渋谷から吉祥寺まで通っている井の頭線。杉並区の区間は沿線の半分近くにのぼり、三鷹台の少し渋谷寄りから杉並区に入ります。
そこから久我山、富士見ヶ丘、高井戸、浜田山、西永福、そして永福町をカバーしています。
高井戸までは、井の頭公園を源とする神田川に沿っており、その後は北側に善福寺川と緑地、そして緑に囲まれた閑静な住宅街をつなぐ井の頭線。
杉並区のもう一つの側面、隠れた緑にかこまれた住宅街を、休日のちょっとした散歩気分で歩いてみたいと思います。

改札を出た瞬間、「混沌の杉並」が始まる久我山駅前

出発地点の久我山駅前に降り立ちます。
久我山駅前は、道路のつくりが複雑です。
神田川が形成した、南北を台地に囲まれたちょうど谷にあたる部分に駅があり、特に南口改札を出るとどこに向かうのか「?」となること請け合いです。

久我山駅前。黄色のタクシーがある場所が、人見街道にかかる神田川の橋。マツモトキヨシのある通りが目抜き通り。川、道路、線路が自由過ぎる配置になっており、初めて来ると軽くパニックになる。

線路と並行に流れる神田川、それを東西方向に斜めに横断する人見街道。そして南北方向に伸びる久我山の商店街。

北側を背にして眺めると、真後ろに井の頭線の踏切があるかと思えば左手にも人見街道が横切るための踏切があり、交差点は五差路にも六差路にも見え(実際は通常の交差点)どっちがどっちだかわからない。
横断歩道を渡ろうにも、歩道らしい歩道はなく、信号待ちはどこで?というような、まるで昭和30年代にタイムスリップしたかのような交差点がそこにはあります。

散策好きの方にはたまらない光景でしょうが、はじめて来ると「ここが杉並・・・?」と少々戸惑うこと間違いなし!(笑)

「狭間の街」久我山の商店街の様子

久我山の商店街は、特別な名店が軒を連ねる商店街というよりは、スーパー、美容院、ドラッグストアなど、チェーン店の合間に中華料理店やちょっとしたカフェが並ぶという、日常生活に密着した商店街です。
どことなく昭和の香りがする店舗が多く、洗練されたイメージはありません。
もちろん、観光や散策客を狙った店舗はあまり見られません。

シャッター外の様相を呈すが、ずべて現役のお店。 地元のおじさんがいそうな雰囲気。

シャッター外の様相を呈すが、ずべて現役のお店。
地元のおじさんがいそうな雰囲気。

久我山駅は急行が停車し、吉祥寺までは5分、渋谷までは15分で出られる地域ということもあり、人の流れがそちらに流れてしまう、ということも影響していると思われます。

しかし、ここ数年は商店街のはずれの住宅街に、新たな個人経営のカフェや雑貨店が少しずつ進出しています。
急行が停車する駅ということは人口も密集していますから、そこに集客の可能性を見出しているのでしょう。

どことなく「結界」感の漂う浜田山

久我山をあとにし、神田川沿いを東へ。その後富士見ヶ丘、高井戸を抜け浜田山までやってきました。

浜田山は、前回ご紹介した善福寺周辺と双璧をなす、杉並区の2大高級住宅街です。
同じ区内の高級住宅街。そこに何か違いがあるのか見てみたい。そう思い立ちやってきました。

善福寺には集合住宅は比較的少なく、一戸建ての邸宅が多く見られました。
それに対し浜田山周辺は、低層のマンションが多く、エントランスもホテルのようなつくりのものから、広大な敷地を木々で囲み建物はほとんど見えず、入り口がどこにあるのか一見ではわからないようなものまで様々。
特に後者は、まるで都内の森に囲まれた大きな寺院を思わせる風情です。

生垣の向こうにマンションがある。 非常に敷地は広い。中には庭園もあるが、建物は見えない。

恐らくどの高級マンションも、一室の空間は邸宅レベルに匹敵するような居住スペースを持っていると思われます。

このような建物がそこかしこに存在するため、路地と言っても行き止まりや立ち入り禁止が多く、「散策の醍醐味は迷い道♪」と下手に路地に迷い込むと、引き換えるハメになるのが浜田山周辺の地区の特徴です。
このあたりは、一戸建てと坂の町・善福寺周辺とは大きく異なるポイントですね。

緑ゆたかな大宮八幡

浜田山から少々西、永福町方面に進むと。「東京のへそ」と呼ばれる大宮八幡があります。

この一帯は「大宮遺跡」と呼ばれ、東京都内で初めて方形周溝墓が発掘された地として知られています。
そのため、昔から聖なる地としてまつられていたと考えられています。

鳥居をくぐると、参道は木々に囲まれ周囲の道路からの音はさえぎられ、夏は蝉しぐれ、秋は鈴虫の音に包まれます。
イベントも多く、これからの季節は月見の宴や10月には舞台演劇、また薪能なども開催され、普段は静かな境内がこの時ばかりは多くの人出でにぎわいます。

さて、前回、今回と2つの異なる路線沿いを散策しました。
これらの街の様子や、次回は今回ご紹介しきれなかった街も含め、杉並区にはどんな販促媒体が向いているのかを考えたいと思います。

test エディター:津倉 深根雄
西荻近くに入り浸る前のさらに数年前は、このあたりで半同居生活をしていました。当時は高級住宅街とは思っていませんでしたが、ドイツ車が多く外車ディーラーも多いのは当時のまま。
浜田山は日本一ポルシェが売れる街ともいわれています。そのせいかわかりませんが、今回の散策時わき道に逸れた際、非常に珍しいレース専用に作られた1960年代のポルシェが止まっており、やはりちょっと違うな、というところを見せてくれました。