堀内洋助カメラマンの「絶景を行く」~「高松空港を彩る幻想的なイルミネーション」~

第3弾は初の香川県に!

ウェブサイト限定で復活した、堀内洋助カメラマンの「絶景を行く」。
これまでの2作はいずれも愛媛県で撮影されたものでしたが、今回初めてお隣の香川県に上陸!
堀内カメラマンの視点で、香川の風景を切り取ります。

「高松空港を彩る幻想的なイルミネーション」

zk03

堀内洋助カメラマンのコメント

香川県綾川町の高山航空公園で
 香川県綾川町の高山航空公園展望台から、高松空港(高松市)の夜景を撮影した。夜の闇に滑走路の誘導灯などが青や緑、赤、紫、オレンジなどに輝いて鮮やか。その時、飛行機が離陸した。30秒間露光すると、前照灯と翼に設置されたライトの光跡が天に向かって弧を描いた。奥には集落の灯りも。壮大なイルミネーションを見るようで胸が高鳴った。
 同公園の展望台から滑走路まで約3.5キロもある。ただし、超望遠レンズでのぞくと正面眼下に見える。滑走路の長さは2,500メートル。このアングルは国内では珍しいという。ともに丘陵地にあり、同公園の標高は274メートルで、同空港は185メートル。
 誘導灯が幻想的に彩る夜の滑走路はフォトジェニックだ。国内の撮影地の一番人気は、伊丹空港(大阪府豊中市)のビュースポットとして知られる千里川土手。ここは飛行機が頭上をかすめ、夜は光り輝く滑走路と航空機のコラボを撮影できる。航空ファンだけでなく、家族連れやカップルなどでもにぎわう。阪急宝塚線曽根駅から徒歩約20分と近い。
 四国の高松空港は市街地から南へ約15キロ。残念ながら、ビュースポットの同公園は山の中にあり、交通の便が悪く、タクシーかレンタカー利用に。開園時間は10~3月は9~18時、4~9月は9~20時。年中無休で入場無料。

【撮影データ:ニコンD850 AF-Sニッコール600ミリf4 30秒 絞りF11 ISO400】

写真だからこそ生み出せる「イルミネーション」

空港の管制塔の灯りや誘導灯だけでも夜景を楽しむには申し分ないですが、撮影時に長時間露光することで、動く飛行機までもその一部にしてしまう。
写真だからこそ生み出せるイリュージョン、そして空港のイルミネーションですね!

この写真をご希望される方は以下よりお申し込みください!


または、東京新聞お客さまセンターフォトサービス係 03-6910-2557(平日午前10時~午後5時)まで。