緊急事態宣言のなかで【折込の逆襲 番外編】

こんにちは。営業部の折一郎です。
コロナ禍のなか、みなさま大変ご苦労をされてらっしゃることと拝察いたします。
本当に心身共におつかれさまでございます。
前回3月末に原稿を書いてから2ヶ月と少し、その間も世の中が「禍」の渦のなか、「自粛」「緊急事態宣言発令」「STAY HOME」とぐるぐる動いてまいりました。
ここに、何枚かの写真と、新聞折込の話題も交えて、この2020年の4月からゴールデンウィークまでを追ってみたいと思います。

4月7日 緊急事態宣言発令

新宿の地下街です。23時半の様子ではありません、『18時半』です。
その後、閉鎖され一時は通ることができませんでした。

4月27日 食品スーパーで

緊急事態宣言後、食品スーパーでは買い物客が押し寄せ、大混雑状態が続いていました。
店内対応を考慮して、新聞折込は取りやめという措置がとられました。

4月29日 GW初日

何と、、折込が、い、いち枚。
例年ですと20枚前後は入っているであろうGW初日に、一枚。

5月2日 某ホームセンターチラシ

こちらのコピー「こないで下さい」とは、、。
業界ウン十年の 折一郎も初めてみました!

5月4日 そして…

1枚も入っておりません、、、0枚です、、 。

未来に活かす

2020年4月からGWにかけての世の中のほんのほんの一面でした。

これが終息後に、また、何年、何十年後に(無いことを願いますが)別の試練が訪れた時に、あの時はこんなだった、だから今回は「あの時」を教訓として、よりよい施策を取っていこうという何かのお手伝いになれば、と思ってこんな原稿を書いている折一郎でした。

グッバイ♪

1794094 折 一郎
新聞折込に携わってウン十年、体のどこをたたいてもチラシの埃、間違えた『チラシの誇り』が出てくる営業マン。
今の時代だからこそ、今の時代に合った形で 新聞折込の良さをPRし、クライアントの為になる提案をしていこうと日夜奮闘中。
休みの日はドラムをたたき、そのあとは奥さんに尻をたたかれている 男dismなオヤジです。グッバイ♪(inspired by 「ヒゲダン」)