新聞折込をはじめる

shimbunorikomi_flow

どうすればいいの

どうすればいいの配布するチラシの準備ができていれば、最短で翌々日の朝刊に折り込むことが可能です。
デザインやチラシの印刷から始めるのであれば、デザイン確認などもあるため余裕を見て、約10日~2週間程度かかると考えた方がよいでしょう。
弊社ではまず配布したい日時をお伺いし、ゴールに合わせて配布計画を立ててまいりますので、旬を逃さない新聞折込が可能です。

新聞折込の基本的な流れ(印刷から配布まで)については、「折込広告の流れ」ページで詳しくご説明しております。ご検討中の方は合わせてお読みください。

いくらかかるの

291666新聞折込料金について
新聞折込料金だけで考えますと、まず東京23区内にB4サイズのチラシを入れる場合、1枚あたりの単価は3.3円(税別)です。
この料金を基準に、用紙のサイズや厚さによって金額が変わってきます。また、新聞折込は折込を希望する地域によっても料金が違います。
ちなみに日本で一番折込料金が安いのは愛知県・名古屋市。なんとB4サイズ1枚当たりの単価は2.5円(税別)なのです。そのため、通販企業の初めての新聞折込や、地域調査で使われることも多い地域です。
また弊社は名古屋に本社を持つ中日新聞社系列の折込会社なので、この地域での折込をお考えの方を系列会社でタッグを組んで新聞折込の成功をフォローいたします!

全国の新聞折込料金は「新聞折込枚数表・料金表ダウンロード」ページで確認できます。また、地域によって新聞折込のルールがある場合がございます。希望の地域が決まりましたらまずは営業担当者にご相談ください。

kaiketsuデザイン・印刷について
デザインから弊社で発注される場合、基本的にはB4片面χ円~お受けいたします。
弊社のグラフィックデザイナーがデータをいただいた上で作成を開始するか、すべて一から作成するかでデザイン料金は大幅に変動します。もし、「なるべく安く抑えたい…」という希望がございましたら、イメージラフ(※図参照 こうしたいというデザインの元になるもの)や、商品データ・テキストデータなどをあらかじめご準備ください。
印刷はご存知の通り、カラーより白黒の方が、小ロットよりも大量印刷の方が単価は抑えられますが弊社では小商圏のお客さまが割高にならないような印刷料金の設定をしております。
また、折込の配布計画などを鑑みたうえで、ベストパフォーマンスの料金をご提案いたします。

新聞折込だけじゃ不安なんだけど

245509トップページでもお伝えした通り、新聞折込は効果があり、確実な媒体です。しかし、他の広告手法と組み合わせることでさらに認知度がアップします。
たとえば新聞折込で使いきれなかったチラシをポスティングに転用すれば、新聞を購読されていないお客さまへチラシを届けることができますし、さらに細かくターゲットを合わせたお客さまを対象にチラシ+商品見本のサンプリングのご提案なども可能です。販促を成功させるために1社ずつ担当者が就き、あなたの販促活動を最後までしっかりとフォローいたします!

弊社の取扱媒体の一部を「取扱媒体」ページで紹介しております。この他にも他系統の新聞紙面広告(朝日・読売など)からニッチ媒体まで、ターゲットに合った媒体をご提案できますので詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせは

折込広告についてのご相談・お問い合わせは下記よりお気軽にご連絡ください。
折り返し担当者より回答いたします。

電話でのお問い合わせ
03-6910-2559

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム